その答えは「ノー」だろう。グリーンの時計が喚起するものは、ブルーのそれとはまったくその趣を異にする。ブルーはさ