ヒストリカルピースにインスパイアされた現代の時計(前編)

 オメガ「グローブマスター」は、このブランドで最初にC.O.S.C.認定を受けた時計だが、オメガのプロダクトポートフォリオの中では技術的には新しいモデルに入る。しかしそのデザインは、1952年発表の「コンステレーション」を反映した”pie pan(パイ焼き用のパン)”ダイアルから着想を得ている。フルーテッドベゼルは1968年発表の別のコンステレーションからのものだ。直径39mmのケース(ステンレススティール、イエローゴールド、スティールとイエローゴールドのコンビ、そしてオメガ特許のセドナゴールドがある)はヘアライン仕上げが施され、ポリッシュ仕上げの斜めのエッジがラグをベゼルと繋いでいる。キャリバー8900はC.O.S.C.認定を受けているだけでなく、オメガとスイス連邦によって確立された計測機関で、1万5000ガウスの磁場においても正常に機能することが認められている。
 チューダーの「ヘリテージ クロノブルー」は、チューダーが1971年に発表したクロノグラフ「チューダー オイスターデイト ”モンテカルロ”」を再解釈したものである。「モンテカルロ」の愛称は、そのダイアルがカジノのルーレット盤を思い起こすデザインであるために付けられた。3時位置のスモールセコンドと9時位置の45分積算計を、それぞれ台形のブルーカラーが囲う特徴的なデザインだ。同色のスティール製ベゼルや、アクセントとなるクロノグラフ秒針と目盛りのオレンジ色、6時位置の日付表示など、オリジナルの意匠を色濃く継いでいる。リュウズはねじ込み式で、150mの防水性を確保する。
 ブライトリングの「トランスオーシャン クロノグラフ 1915」はブライトリング誕生100周年を代表するモデルと呼べるもので、現代のクロノグラフとして引き合いに出されることも多い。1915年、創業者レオン・ブライトリングの息子ガストン・ブライトリングは、時間計測を目的に、スタート、ストップ、帰零までをプッシャーで行うクロノグラフの時計をデザインした。そのプッシャーはリュウズのちょうど上、2時位置に配された。この位置のプッシャーは手首に装着したまま状態での操作性に優れ、すぐに他モデルでも応用されていった。今回の限定モデルにはそうした誕生背景があり、文字盤と2時位置にプッシャーを備えるケースデザインは当時の「トランスオーシャン」コレクションの要素を保ちながら現代的解釈が加えられている。シルバーカラーの文字盤は2つ目の構成となっており、それぞれスモールセコンドのサブダイアルは9時位置、30分積算計は3時位置に配されている。搭載されているのは、C.O.S.C.認定を受けた自社製キャリバーB14だ。
 医療関係者が使用することを想定してデザインされた、ロンジンの「パルスメーター・クロノグラフ」は1920年代に発表された時計がベースとなっている。「ドクターウォッチ」と呼ばれるこの時計は、ラッカー仕上げのホワイト文字盤の外周部分に赤でパルスメーター・スケールが印刷されている。リュウズひとつで操作できるクロノグラフのスイープセコンド針を使って、測定者の脈拍を簡単に確実な方法で測ることができるのである。ステンレススティール製ケースに取り付けられた風防とケースバックはサファイアクリスタル製で、ETAによって開発されたロンジン専用のコラムホイール式クロノグラフムーブメントL788.2を搭載する。(後編へつづく)