240年前にスイスの時計の職人の発明する字を書くロボット

240年前にスイスの時計の職人の発明する字を書くロボット
この字を書くロボットは18世紀のスイスの時計の大家PierreJaquet―Drozの作品で、このロボットは全く機械加工部品を使って制御して、いかなる40の字母の長さのセンテンスと語句を書くことができます。240年後の今日、このロボットは依然として精密に必ず運行することができます。その上たとえ今日だとしても、機械の人の像人に同様に字を書かせのは依然として1本の難題です。

ロボットの内部の6000余り部品はすべてすべて職人が手製で製造するので、小さい部品はすべて男の子の体の中で隠れて、カム技術は肝心な点です。

異なるカムのが転がってロボットの腕に各種の動作をさせて、同時に精確なコントロールの羽はペンの書き始める力度を管理します。

ロボットの理論の上で40の字母以内のすべての単語を書き出すことができて、男の子の目つきはさらに位置を書きに従って移動します。カムの制御したはずみ車はすべての文章記号と字母を含んで、いかなる順序で改めて形成の無数な組合せを並べることができます。このロボットは更に1件がプログラミングするコンピュータ。