ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/第2回 メンテナンスのタイミング

A:一般的には3年から5年とされています。が著しく低下するなど、その時計が本来持つ性能が落ちたところでメンテナンスをすれば良いという意見もありますが、が切れている状態での使用は部品が摩耗するためお勧めしません。また機械が油切れを起こしていないとしても、時計を使用して数年が経過している場合は性能を持たせるために、メンテナンスやオーバーホールの際にを交換する必要があります。