【meeting】ドロシー・ヘンリオ(ロジェ・デュブイ マーケティングディレクター) | [webChronos]

 モダンスケルトンに加えて、モータースポーツという鉱脈を見つけたロジェ・デュブイ。とりわけ、ランボルギーニとのコラボレーションは、新進気鋭の高級時計メーカーに、新たな顧客層を開拓することとなった。路線を定めたのが、2014年にマーケティングディレクターとなったドロシー・ヘンリオである。「ボーム&メルシエを経て、カルティエのロンドンとシンガポールにいました。その後、2014年にロジェ・デュブイに入社しました。理由は、キャリアとして面白いと思ったからですね。会社としては若いのに、技術力があり、伝統的な時計作りを守っている。実際に時計を見て、感動しましたよ」 彼女が入社した当時、ロジェ・デュブイは、ストラテジーの刷新中だった。「当時CEOだったジャン=マルク・ポントルエと、いろいろな作業を行いました。まずはマニュファクチュールの立て直し。続いて供給体制の見直し。最後に、リテールを整えました。結果、日本と中国、そして英国は好調ですね。ただアメリカはもう少し広げたいと思います。ともあれ、時間はかかったけれども、ロジェ・デュブイのストラテジーは整った、と言えるでしょう。そして今は新しいストーリーを提示するフェイズ、というわけです」 ちなみに彼女は、カルティエ中興の祖であるアンリ・ドミニク・ペランの下で働いていたという。と考えれば、彼女がポントルエと行った作業が、ペランがカルティエで行った手法と同じなのも納得がいく。ヘンリオは、リシュモン グループにおける最も成功した事例を間近で見ていたわけだ。もっとも、彼女はそこに、ユニークなマーケティングを加えた。「ロジェ・デュブイには4つのコレクションがあります。レディスコレクションの割合も大きいですね。ただ私たちはモータースポーツにもフォーカスすべきだと考えました。アドレナリンが出るという点で、高級時計とモータースポーツは近いと思いませんか? そして、この組み合わせは、高級時計の在り方を増幅させるでしょう。現在は(タイヤメーカーの)ピレリ、そしてランボルギーニとコラボレーションしています」 付け焼き刃かと思いきや、そうではない証拠に「ピレリとのコラボレーションは10年契約」とのこと。つまり、少なくとも10年は、ロジェ・デュブイとモータースポーツの蜜月が続くというわけだ。 今や、驚くほどの勢いで復活しつつあるロジェ・デュブイ。あくまで個人的な意見だが、新進気鋭のロジェ・デュブイには、モータースポーツの疾走感が似つかわしい。


Contact info: ロジェ・デュブイ Tel.03-4461-8040