ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/第9回 カレンダーの修正時間

A:早送りが可能なカレンダー表示を搭載する機械式腕時計の多くには、カレンダーの早送りをすると壊れる時間帯があります。具体的には午後8時〜午前4時の間です(モデルによって違うこともありますが、多くはこの時間帯です)。もしこの時間帯に日付表示を修正したい場合は、リュウズで上記の時間外まで時針を進めてからカレンダーを早送りしてください。この際、カレンダーの早送りは1日前までとし、その後の調整は時分針を進めることで対応してください。これは日付表示用のディスクに印字された数字が早送りだけでは、きれいに窓枠の中心に収まらないことがあるためです。もっとも、日付が瞬時に切り替わらない機械式カレンダーの中には、日付修正禁止時間帯を持たないものもあります。また、日付表示を逆戻しできるムーブメントは、基本的に日付修正禁止時間帯がありません。ロレックスのGMTモデルや、グランドセイコーのGMTモデルが搭載するCal.9S86、ブライトリングのCal.01などがそういったムーブメントにあたります。