リストグループ代表 北見「果敢に挑む男が選ぶ時計」2

地域密着を重んじる不動産会社として、バブル崩壊後の1991年にスタートしたリスト株式会社。「関わるすべての地域・人々に満足を超えた感動を提供したい」という理念のもと、設立当初から現在に至るまで地域貢献活動を積極的に行い、地域とともに成長することを目指している。現在は不動産仲介から、注文建築を含めた戸建て分譲、マンション分譲、不動産管理、アセットソリューション、そして都市開発と事業を広げ、今は世界の不動産事業へと拡大。2010年にはサザビーズの高級不動産仲介ブランド「サザビーズインターナショナルリアルティ®」の日本での独占営業権を取得。2016年にはホールディングス経営に移行し、不動産に関する開発・建設・販売・仲介・資産/施設管理・証券化など、総合不動産会社へ展開。ハワイやシンガポールなど、グローバル進出も積極的に行っている。 広田:時計の資産価値というのは、近年国内でも注目を集めていますね。北見:僕がそれを感じたのは10数年前ですが、当時サザビーズの不動産部門の日本でのフランチャイズ権を買ったんですね。その頃から価値があるものを持っていた方がいいんだなと思うようになりました。それは、自分自身の価値も高めなければという自覚に通ずるということで。以来、時計もそういうチョイスしています。広田:時計の価値というのは、ただ価格に代えられるものではなく、それを着けている自分の、相手に与える印象であったり、無形の価値というのがあるんでしょうね。金銭だけでは量れない、それとはまた違う豊かさというか。北見:そう、アートのひとつですよね。身に着けるアートというかな。広田:それも飾っておくだけではなく、実用性や普段身につけてうまみを常に味わえるというのも魅力ですね。時計はどういうブランドを手に入れたのですか?