タイムマシーン:車にインスパイアされた7つのレトロウォッチ

クラシックカーは過去へのタイムマシーンだ。では時間を計測するもっと小さな機械はどうだろうか? 例えばメルセデス・ベンツ「300SL」のようなヒストリックカーのスタイリングに一番ぴったりくるのはどのようなものだろうか? 幸いなことに、時計におけるレトロトレンドは近年にないほど盛り上がっている。ここでは以下の7つのモデルを提案する。 フランスにおける最も重要な、1960〜70年代の車両を中心にしたヒストリックカーラリーである、ツールオート オプティック2000のオフィシャルタイムキーパーとして、ゼニスはスペシャルモデルを世界500本限定モデルとして発表し、ヒストリックカーのファンたちを喜ばせた。 ミュンヘンに本社を置くマニュファクチュール、エルウィン・サトラーは主に置き時計を製作している。大きなサイズの置き時計同様に、サトラーの時計はどれもクラシカルなサブダイアルの配置を持ったエレガントで端正なフェイスに、レイルウェイのミニッツトラックを備えている。青焼きの梨型の針、シリアルナンバーのついた4点をビスでとめたシルバーのダイアルは、このブランドの置き時計を思わせる特徴である。 ドイツ・グラスヒュッテに本社を置くチュチマは、改良を加えたクロノグラフを駆動させる自動巻きムーブメントを、ブランドの特徴であるクッションシェイプのケースに搭載している。このムーブメントは文字盤中央に分積算計を配し、さらに12時位置には24時間表示を備える。文字盤のレイアウトは1990年代に生産が終了しているレマニアのキャリバー5001の様式に準じている。 ロレックスは1971年に、エクスプローラーIIを冒険や登山家のための時計として発表した。以来、このモデルにはほとんど変更が加えられず、デザインアイコンとなった。ロレックスの自社製自動巻きムーブメントは、耐久性に優れ、精度の高いものとして知られている。時計を着けた人が休暇に出かける時などには、時針のみを調整して新しいタイムゾーンを表示させることができる。 IWCはこのクロノグラフモデルを、1926年にメルセデスを勝利に導き、その後も多くの優勝を誇った伝説的なレーシングドライバー、ルドルフ・カラツィオラに捧げるものとして発表している。750本の限定モデルであり、車のダッシュボードにインスパイアされたような外観とサドルステッチが施されたレザーストラップはスポーツカーの歴史に結びついたものだ。 アイボリーカラーの文字盤、その上に配されたカウンターとインデックス、そこに合わせられた先端のとがった針。この時計はヒストリックカーのダッシュボードに装備された計器を彷彿とさせ、速度を計測するタキメータースケールも車に関わる要素のひとつだ。マッシュルームのようなクロノグラフプッシャー、円錐状のリュウズ、シュランケンカーフストラップも同様にクラシックウォッチを想起させる。 「セブンティーズ・パノラマデイト」は1970年代のVEBグラスヒュッテ・ウーレンベトリーブ(GUB)が製作していた時計のデザインを踏襲したものだ。GUBは旧東ドイツ時代の国営企業であり、グラスヒュッテ・オリジナルの前身とも言うべき存在である。角を丸くしたスクエアケースとサンバースト模様のブルーカラー文字盤がこの時計に個性を与えている。
ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/時計に水が掛かっても大丈夫? PARMIGIANI FLEURIER アニヴェルセール 高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。