セレブウォッチ・ハンティング/ロバート・デ・ニーロ

 この写真は、アメリカ・カリフォルニア州のホテル「ザ ランガム ハンティントン パサディナ」において、主演を務めた映画『ウィザード・オブ・ライズ』のプレス会見に臨むロバート・デ・ニーロの姿だ。1975年に『ゴッドファーザー PART II』でアカデミー賞助演男優賞に、1977年に『タクシードライバー』でアカデミー主演男優賞に輝いてから、はや40年以上が経つ。写真が撮影された2017年1月で73歳になり、なお厚みを増す貫禄がこの写真1枚からどっしりと伝わってくる。
 そんな彼の腕元に注目してみよう。  ジーンズのパンツに、ブルーのシャツとネイビーのジャケットという装いに合わせたのは、F.P.ジュルヌ「クロノメーター・ブルー」だ。
 F.P.ジュルヌのPRに問い合わせたところ、こんなエピソードを教えてもらうことができた。“この腕時計は、2016年12月に、ロバート・デ・ニーロ氏の奥様グレイス・ハイタワー氏より彼へクリスマスプレゼントとして贈られました。
 ロバート・デ・ニーロ氏はF.P.ジュルヌの時計が好きで、中でも「クロノメーター・ブルー」は彼曰く、いつかは手に入れたい夢の時計だったそうです。
 また彼は、自分のために素敵なプレゼントを贈ってくれた奥様のために、F.P.ジュルヌの時計を購入され、プレゼントされたそうです。” 夫婦でF.P.ジュルヌを贈り合うという、なんとも仲睦まじく、羨ましい話である。  クロムブルー文字盤にクリーム色のアラビア数字が映える、一見シンプルなデザインの「クロノメーター・ブルー」。7時半位置のスモールセコンドにはサークル状のギヨシェ彫りが施されており、トランスパレントバックからは18Kローズゴールド製のムーブメントを鑑賞できる。ケース素材には、密度16.3g/cm³という強靭さゆえに加工が難しいタンタルが使用されるなど、玄人向けの1本と呼べるだろう。
 大御所俳優ロバート・デ・ニーロの、細部までの目利きぶりがうかがえる、渋いチョイスだ! my 1ST choice my 1ST choice / 秀島史香 リストグループ代表 北見「果敢に挑む男が選ぶ時計」3 高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。