リストグループ代表 北見「果敢に挑む男が選ぶ時計」3

地域密着を重んじる不動産会社として、バブル崩壊後の1991年にスタートしたリスト株式会社。「関わるすべての地域・人々に満足を超えた感動を提供したい」という理念のもと、設立当初から現在に至るまで地域貢献活動を積極的に行い、地域とともに成長することを目指している。現在は不動産仲介から、注文建築を含めた戸建て分譲、マンション分譲、不動産管理、アセットソリューション、そして都市開発と事業を広げ、今は世界の不動産事業へと拡大。2010年にはサザビーズの高級不動産仲介ブランド「サザビーズインターナショナルリアルティ®」の日本での独占営業権を取得。2016年にはホールディングス経営に移行し、不動産に関する開発・建設・販売・仲介・資産/施設管理・証券化など、総合不動産会社へ展開。ハワイやシンガポールなど、グローバル進出も積極的に行っている。 広田:不動産業でもいろいろなスタイルがありますが、持続性あるビジネスケースを考えている人って段々少なくなっている気がするんですよね。地域を発展させるし、うちも儲かるみたいな。北見さんの場合、街の不動産屋さんの延長線上として、サステナブルに考えていらっしゃるように思います。北見:地域に密着しながら地域を発展させるというのが、我々の会社の方針でもあります。関わるからには、その地域をアクティブにしていきたいと思います。広田:たとえば高級時計ブランドというのは持続性をとても大切にします。恐らくその点でも、集められた時計は重なるのではないですか。