公私ともに移動が多い人へ、8本のGMTモデルをご紹介(後編)


 ジャガー・ルクルトスーパーコピーのローズゴールド製、アールデコ調の「レベルソ・トリビュート・デュオ・ラージ」はホームタイムとローカルタイムを腕時計の表裏面にそれぞれ備える。スレートグレーの表ダイアルには時・分表示と、6時にスモールセコンドを備えている。ケースを手首から外す必要なく反転させると、シルバーグレーの裏ダイアルが現れ、第2時間帯と24時間表示のホームタイムを表示する。


 GMTで人気の配色といえば赤と青の組み合わせである。日中の午前6時から午後6時(18時)までを赤で、それ以降の午後6時(18時)から午前6時までを青で表示するものだ。この配色による表示は瞬時に昼夜を見分ける助けとなり、50年来支持されている方法である。チューダーはこれをディープブルーとバーガンディの2色で深みのある印象に仕上げた。GMTを表示するのは、チューダーが「スノーフレーク」と名付けたスクエア型のポイントが先端に付いたレッドの針である。ムーブメントにはC.O.S.C.によるスイス公認クロノメーター認定の自社製自動巻きキャリバーを搭載。

 ビジネスではフォーマルな装いで過ごすことが多いだろうから、バケーションにはカジュアルな時計で楽しみたい。どれくらいカジュアルダウンさせるかについては、目的地によって多少異なるだろうが、ビーチやビーチバーでは、人目を引くカラフルな時計も良い選択肢になるだろう。例えばオメガスーパーコピーの「シ⁠ーマスタ⁠ー プラネ⁠ットオ⁠ー⁠シ⁠ャン GMT “ビ⁠ッグブル⁠ー”」だ。ブルーセラミックスのケースとGMT表示の24時間スケールのオレンジカラーの組み合わせは注目を集めるはずだ。ブルーセラミック製ベゼルにはリキッドメタル™のダイビングスケールが備わり、また防水性は600mを誇ることから、この時計はダイバーズウォッチとしても満足させてくれる。例えばポリネシアでの休暇中であれば、水中でも陸上でも楽しめる1本だ。

 ゆったりとした南の海だけではなく、ロンドンやニューヨークといった都会の美術館やカフェでも、しっくりとくるGMTの時計がある。例えば、パネライスーパーコピーの「パネライスーパーコピー ルミノール ドゥエ 3デイズ GMT パワーリザーブ オートマティック アッチャイオ」だ。この意匠はパネライスーパーコピーがイタリアの海軍向けに腕時計を供給してきた歴史を物語るようなタフなさがある。9時位置のスモールセコンドは24時間表示となっており、左半分に「pm」、右半分に「am」と記す昼夜表示を備えている。