公私ともに移動が多い人へ、8本のGMTモデルをご紹介(前編)

 さまざまな国を行き来し続けるパイロットたちは、UTC(協定世界時、Universal Time Coordinatedの略)を無線交信、フライトプラン、航空日誌で使用する。パイロットにとって、GMTウォッチは非常に有用なのだ。伝統的なパイロットウォッチのスタイルが現在まで重宝され続けているという事実は驚くには値しない。
 このジャンルでよく知られた好例は、ロレックススーパーコピーの「オイスター パーペチュアル GMTマスターⅡ」だろう。初代のGMTマスター(Ref.6542)はパンアメリカン航空の要望に応える形で、1955年に開発されている。当時はまだ珍しかった24時間計回転ベゼルは第2時間帯をセットするためだけのオプションであった。その理由は12時間表示と24時間表示の針は別々にリセットすることができなかったからである。ロレックススーパーコピーが1982年に市場に導入したGMTマスターⅡ(Ref.16760)より、リュウズを半分引き出した状態で、時針を1時間刻みで任意に送ったり、戻したりすることができるようになった。


 オリススーパーコピーの「ビッグクラウン プロパイロット ワールドタイマー」もジェットセッターたちからの支持が高いパイロットモデルだ。しかしこのモデルの第2時間帯表示は独特なものである。3時のホームタイム表示は、12時間形式のデュアルタイムにより直感的に判読しやすい。加えて、そのダイアル内に設けられた開口部では、夜は黒、昼はオレンジという色の切り替えで昼夜表示も取り入れられている。UTCは24時間表示のものが多いため、これはローカルタイムを多く確認する必要する人に適したデザインだろう。

 ジェットセッターに続くGMTの大きなターゲットグループは、国際的な企業で活躍するエグゼクティブたちである。第2時間帯表示は頻繁な出張や、海外の顧客とのやり取りをする際に非常に有用であるからだ。一般的なドレスコードにのっとり、ビジネスマンにはエレガントで奇をてらわない腕時計がおすすめである。ジンは「フランクフルト・ファイナンシャル モデル6099」においてメインダイアルと矢印型のセンター針による第2時間帯表示と、10時位置のリュウズで動くダイヤル外周のアラビア数字インデックスと時・分針を使った第3時間帯表示を備えている。3時に30秒積算計、9時にスモールセコンドを備えるクロノグラフウォッチだ。なお、12時間表示式UTCは昼夜表示を持たない。

「ライカL2」は、GMT用の針を持たずに控えめな第2時間帯表示を行う。その方法は、4時位置に配したふたつ目のリュウズを使って見返しの12時間表示リングを回転させ、通常の時針が第2時間帯の時間も同時に指すようにするというものだ。小さなドットの右側にさりげなく設けられた昼夜表示と合わせて読み取ることで、相手の時間(例えば自宅に電話をかけるのに適切な時間や、愛する人が眠りに就こうとする時間など)を確認することができる。視認性の高いデザインと、ライカのカメラのISOセッティングホイールを想起させる、リュウズにある赤のドットといったディテールが、時計愛好家のみならずライカファンにまで、この時計が有名なカメラメーカー、ライカの時計であるということを知らしめている。

(続く)