ラドー・フロンティア ハイテクセラミックスの創造者

ラドーが、工業用素材であったハイテクセラミックスを腕時計の外装に採用したのは、1986年のことであった。
だが、ラドーは、この素材を腕時計に採用した、まさにその最初から現在に至るまで、常に、ハイテクセラミックスの創造者であり、革新者であり続ける。ラドーが生み出すハイテクセラミックスのいったい何が他社と異なるのか?その最新情報を製造現場の最前線から報告する。


 2018年のラドーのトピックは、何といっても、ローズゴールドカラーに彩られたセラモスである。ラドーでは、1993年に初めてこの素材をシ
ントラに採用した。2011年には、それまで困難であったインジェクション(射出成型)によって成型する技術を開発し、ラドーは「セラモス」と命名し、商標登録した。それまでは、正方形や長方形などのシンプルな形状しかできなかったセラミックスに、丸型や楕円型、加えてファセットまで可能にし、デザインの可能性を大きく切り開いたのだ。 
11年の時点でインジェクションは可能になったものの、最終段階において最小限の切削はまだ必要であった。その後、技術開発は続けられ、精密な型の開発によって、今ではセラモスにおいてモノブロを成型できるまでになった。結果、金属製のインナーケースを使用する必要がなくなり、一層時計を軽量化することができた。18年には、そのモノブロックケースをダイヤマスターに採用し、かつ約10年かけて開発・進化させてきたローズゴールドカラーのセラモスをこのモデルに投入した。上のラドー ダイヤマスター セラモス™オートマティックは、現在のラドーが持てる最先端技術が
投入された最新機なのだ。ゴールドと見紛う美観を備えつつも、セラミックスの利点である傷つきにくさと軽さを併せ持つ。このふたつの利点は、傷つきやすく、重いゴールドにとっては最大の弱点であるから、セラモスの優位性が一層際立つ。 今や、このセラモスの製造技術がすべて内製化されたことも特筆しておく。以降、ラドーが誇るハイテクセラミックスの最先端技術を製造現場から詳述する。