インフォーマル ラグジュアリーの旗機

かつてブライトリングが、パイロットウォッチとしての名声を揺るぎないものとした1940年代。その成功を下敷きとして、ラグジュアリーブランドへと飛躍する転換点となったモデルが「プレミエ」であった。当時ウィリー・ブライトリングが仕掛けたこうしたストラテジーは、ジョージ・カーンが率いる新生ブライトリングの方向性と、ある面で完全な合致を見せている。十分な時間をかけて練り上げられた新たなコレクションが、再び「プレミエ」の名を冠したことも、決して偶然ではないのだ。

 ジョージ・カーンのCEO就任から1年を経て、ブランドのリポジショニングを推し進める新生ブライトリング。シュナイダー体制からの大きな変化は、パイロットユースに特化した〝腕上の計器〞といったイメージに加え、ニューセグメントへの積極的な参入である。カーン体制となって初めてローンチされた「ナビタイマー 8」が、1930〜40年代のアーカイブから着想を得て、よりヘリテージ感を高めたことは象徴的な事例だろう(もちろん回転計算尺付きのモデルは「ナビタイマー 1」としてラインナップに残されている)。リファレンスを絞り込んでセグメントを明確化することを目的に再設定された「エア、シー、ランド、プロフェッショナル」という製品区分の中で、ランドカテゴリーには新たに〝エレガント〞というサブテーマが設けられた。これに伴い旧来の「クロノマット」は、(驚くべきことに)〝ランドカテゴリーの中で、よりモダンなデザイン性を持ったコレクション〞という新たなキャラクターが与えられている。 さて、エレガントイメージを強調する新たなランドカテゴリーのハイライトとして用意されたのは、あの懐かしき「プレミエ」の名であった。オリジナルが登場した1940年代は、世界情勢が混沌としてゆく中で、クロノグラフの在り方にも変化が求められた時代。それまでのブライトリングが得意としてきた〝プロフェッショナル向けの航空時計〞が、軍用のツールというイメージを強めてゆく中で登場したプレミエは、同社の時計作りの方向性が、パーパス(目的)からスタイルへと転換を遂げたことを象徴するモデルでもあった。これはそのまま、新生ブライトリングが模索する〝インフォーマルラグジュアリー(=日常を共にする贅沢)〞という方向性の、フラッグシップとしての役割を担うニュー・プレミエにも当てはまろう。
 ジョージ・カーンのCEO就任と同時に再編されたデザインチームの初作となった「ナビタイマー 8」が、やや〝急ぎ足〞のプロダクトだったことを思えば、新しいプレミエは、じっくりと腰を落ち着けて練り上げられた〝新生ブライトリングの試金石〞と呼ぶべきコレクションと言えるだろう。それだけに、筆者自身も見る目を厳しくしてロードショーに臨んだのだが、それはまったくの杞憂であった。新たなプレミエは、オリジナルが持っていたエレガントな雰囲気を重視しながらも、従来のあらゆるプロダクトと異なるデザイン性を備えていたのだ。自らデザインに携わることもあるというジョージ・カーンは次のように語る。
「私は新しいプレミエを、単なるヴィンテージリバイバルにはしたくなかった。過去の歴史的資産をベースに現代的なアレンジを加え、エレガントでサステイナブルなデザインを再構築することが使命でした。さらに言えば、複雑なイメージをもっとスッキリとさせたかったのです」 新しいプレミエを象徴するのは、ミドルケース側面に設けられた3本のグルービングだ。ある種の〝スピード感〞を表現しつつ、ケースサイドの面構成に抑揚を加えている。さらに言えば、従来のブライトリングのケースは、冷間鍛造+仕上げ切削を基本としてきたが、このミドルケースは切削加工を主体としたものと思われる。旧来からのメインサプライヤーに加えて、カーン体制となって以降に新たな血筋が導入されたことすら想像させる。これはダイアルに関しても同様だ。

 新生プレミエのデザインで最も秀逸な点は、ベゼルとバックケースのバランス取りだろう。ケースサイドが切り立った(断面形状が直線的な)造形の場合には、ベゼルやバックケースはキッチリと〝面一〞に仕上げるのがセオリーだが、新しいプレミエでは両者ともに、ミドルケースから大きくはみ出させている。ベゼルやバックケースのエッジには、適度な丸みが設けられており、それがミドルケース側面のグルービングと相まって、ゴド
ロン装飾にも似た視覚効果を生み出しているのだ。スポーツウォッチ然としたプロポーションを維持したまま、時計全体としては柔らかなエレガントさを感じさせてくれる、実に巧みな〝仕掛け〞だろう。
「ちょうど1年前、我々は〝ゼロからの再出発〞を切りました。コーポレートアイデンティティも含めて、すべてを再検証したのです。詳しくは言えませんが、2019年にはインハウスの体制をさらに強化するためのプロジェクトも進めています。ひとつだけ明言できることは、我々は経済状況を反映したモノ作りは行わないということです。限られたリファレンスの中で、多様なアイデアを表現してゆくこと。特にブランドの歴史から汲み上げられる要素は無数に存在しています」 アーカイブを再検証し、新たなフィールドへと歩み始めた新生ブライトリング。それはウィリー・ブライトリングの時代への回帰のようにも感じられる。「ウィリーは『ブライトリングを身に着けることがセンスの証明になる』と述べています。私もまったく同感ですが、私が最初に思い描いたプロダクトポートフォリオはまだ完成していないのです。それが披露できて初めて、ウィリー時代、シュナイダー時代を経た、新しい〝カーンの時代〞が訪れたと言えるでしょう」

 自他ともに認めるトゥールビヨンの本家本元のブレゲは、シンプルなタイプから複雑機構を組み合わせたハイエンドのグランドコンプリケーションまで多彩なトゥールビヨン搭載モデルを展開しているが、近年特に興味深いのは、独創的な超薄型の自動巻きキャリバー581に基づいて開発された一連の新作である。 この581は、数ある現代のトゥールビヨンムーブメントの中で、ブレゲの技術革新が盛り込まれた先進的なキャリバーとして注目に値する。まず自動巻きについては、センターローターもマイクロローターも使わず、ムーブメント外周にペリフェラルローターを置いて、厚さ3㎜強の超薄型と手巻き同様の外観を実現している点だ。テンプの振動数は毎時2万8800振動で、パワーリザーブも約80時間と長い。テンプは高速振動、単一の香箱でパワーリザーブがかくも長時間のトゥールビヨンは、従来の常識に照らしても型破りと言える。それは、香箱に収納する主ゼンマイのコイル数の増大と軸の小径化で動力をより多く蓄えられるように改良した特許取得のハイエナジー香箱、ボールベアリングで滑らかに回る香箱真、摩擦軽減に有効なシリコン素材を採用した脱進機とヒゲゼンマイ、軽量なチタン製キャリッジなどによる相乗効果の結果である。動力を供給する香箱から精度を司る調速脱進機に至る随所に基礎的パフォーマンスを向上させる新技術が導入され、トゥールビヨン機構自体は古典的でも、未来を見据えたハイテクノロジーが投入されているのである。 ブレゲの技術革新を語るこの最新の自動巻きキャリバー581は、まずパワーリザーブ表示を加えた581DRが2013年の「クラシック トゥールビヨン エクストラ-フラット オートマティック 5377」に搭載された。続いて2018年の「クラシック トゥールビヨン エクストラ-フラット オートマティック 5367」では、逆にパワーリザーブ表示のない581がそのまま搭載される。前者はギヨシェ彫り、後者はグラン フー エナメル仕上げと、ダイアルの違いはあれど、いずれもデザイン美学においては懐中時計の時代に起源を持つ純粋なブレゲスタイルを忠実に表現している。 そして、このキャリバー581の躍進の場はクラシックからマリーンへと移り、2017年に発表された「マリーン エクアシオン マルシャント 5887」でさらに技術革新を更新する。このモデルに搭載されたキャリバー581DPEでは、超薄型自動巻きトゥールビヨンに、永久カレンダー連動型の均時差表示が加わった。これらの複雑機構はすべて、約2世紀の時を超えてアブラアン-ルイ・ブレゲの歴史的な発明と密接に結び付き、現代における最先端の設計製造技術をもって特別なコンプリケーションへと仕上げられている。常に針が動きながら真太陽時を表示する精巧な均時差表示、トゥールビヨンキャリッジに均時差カムを重ねた斬新な多層構造も絶妙というほかない。 仮にこれと同じ複雑時計をブレゲ以外の者が製作したとしても、それには意味がないだろう。識者からは「まるでブレゲのようだ」と評されるに違いないからだ。「マリーン エクアシオン マルシャント 5887」は、まさに他に比すべきものがない真正ブレゲの個性を完璧に表現する傑作ゆえに価値も絶大なのだ。


Contact info: ブライトリング・ジャパン ☎03-03-3436-0011