TOKYO BASE社長 谷「確実性と挑戦の絶妙なバランス」1

アパレル不況が叫ばれている中でも、衣料品のセレクトショップなどを運営する『TOKYO BASE』は目覚ましい成長を遂げている。総指揮をとるのは、現在35歳の最高経営責任者(CEO)の谷正人氏だ。日本発クリエイションを発信することを目指して、セレクトショップ『STUDIOUS(ステュディオス)』と、コンテンポラリーブランド『UNITED TOKYO』ハイエンドカジュアルブランド『PUBLIC TOKYO』を展開。どちらも若者から大きな支持を受けており好調に伸びている。今後は海外展開も積極的に行い、世界に日本ブランドや日本のモノづくりを発信していくと、強い意気込みを語る。アパレル業界の新星と呼ばれている男の時計選びには、彼のブランド戦略にも通じるものがある。 広田:今回はアパレル業界の方からお話が伺えることを楽しみにしてきました。時計マニアの見方とは異なる、より一般的な時計の魅力について期待してます。谷:そういわれるとちょっと困ってしまいます(笑)。じつは好みがかなり偏っていて、唯一の現行モデルは30歳の誕生日に買ったウブロだけなんです。僕はサッカーが非常に好きで、ウブロはサッカーのスポンサーをやっているし、比較的新しいブランドにも関わらず、わずかこの十数年で高級時計の代表格にもなったという点にも惹かれました。広田:ウブロは時代感がありますからね。谷:でも一番好きなのは、ロレックスのデイトナ6241、ポール・ニューマンです。2015年の上場時の記念に買いました。若い頃、ファッション誌に登場する人たちが着けていた姿に憧れ、いつか欲しいなと思っていました。