無垢な時間 穢れなき時計

単なる現象に過ぎない時の経過を己がものにすべく
人間は時計を発明し、改良に改良が重ねられてきた。
であるならば、魂に響く時計は今もきっと存在するはず。