RICHARD MILLE TECH 1/1000mmの外装技術

「時計のF1」を自称するリシャール・ミル。高精度なムーブメントで知られる同社だが、
実のところ、同社の姿勢を本当に知ろうと思ったらケースを見るに限る。現在、多くの時計メーカーが外装の改善に努めている。
結果、どの新作も、ケースの加工精度は大きく高まった。
これはリシャール・ミルも同様だが、求められる基準がそもそも違うのである。