編集部の気ままにインプレッション「1本針で世界は変革できるのか? マイスタージンガー」(後編)

『クロノス日本版』の精鋭?エディターたちが、話題の新作モデルを手に取り
好き勝手に使い倒して論評する大好評の連載企画。3本目に登場するテスト機は、ドイツの精鋭マイスタージンガーの
「シュルキュラリス オートマティック」。絶滅危惧種かと思われた1本針の時計ばかりをコツコツと生産している
マイスタージンガーの最高峰自動巻きモデルが編集部に届けられたのであった。
後編では、自社製自動巻きムーブメントに焦点を絞ってシンプレッションを敢行した。