ムーンフェイズ再発見[ムーンフェイズの精度を追求するA.ランゲ&ゾーネ【月面博覧会】]

技巧派A.ランゲ&ゾーネは、これまで数々の複雑機構を生み出してきた。しかし、ムーンフェイズ機構にも力を入れていると聞いて、意外だと思う人も多いのではないか。
ディスクを回転させて月の満ち欠けを示すこの機構は、16世紀には開発されていたという説もあるほど歴史は古く、故に機能面の熟成は十分に進んでいる。
現代のA.ランゲ&ゾーネでは、100年単位で月の満ち欠けに対する精度にこだわっている。その特別なメカニズムと傑作たちを、ここで紹介しよう。