老舗ジュエラーBVGARIの高級機械式時計 / 編集部の気ままにインプレッション「ブルガリ オクト ローマ」

『クロノス日本版』の精鋭?エディターたちが、話題の新作モデルを手に取り
好き勝手に使い倒して論評する大好評の連載企画。5本目に登場するテスト機は、名門中の名門、ブルガリの
「オクト ローマ」。58面にも及ぶファセットを切ったケースのデザインと
奥行きのあるブラウンカラーのダイアルがブルガリらしい1本だ。
今回は主に、ラッカー仕上げの文字盤の質感や視認性に焦点を当ててテストした。