伝統と革新の融合 / オーデマ ピゲ 13年の研究成果が結実した 革新に伝統が息づく唯一無二のミニッツリピーター

近年、工作機械の劇的な進歩も手伝ってか、かつては困難とされてきた複雑時計への敷居が、年々下がってきているようだ。
だが、複雑時計の頂点に君臨するミニッツリピーターは、ただ鳴ればよいというものではない。
1875年の創業以来、140年以上にわたって、あらゆるコンプリケーションと向き合ってきたオーデマ ピゲ。
同メゾンの開発哲学が生み出すコンプリケーションは、やはり他の追随を許さない。